読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

他愛ない日常を彩って。 


ひさびさにブログを書きます。


この1年、ドリボのことを思わない月はなかったように思います。自分でも驚くくらい今年は特に思いが強かったなぁ。去年のダブルキャストがあった上でだったから少し覚悟してた部分もありまして。


1月東宝ラインナップで上演自体はあることを知り、2月から夏にかけてツアーやらほかの仕事やらに気持ちがいく中でも心の中でカレンダーをめくるたび不安と期待でどうにかなりそうになる。そして迎えた発表の6月、当落の7月、緊張の8月。大好きな9月。本当に怒涛だった。


9月は本当に幸せな1ヶ月だった。瞬きしてたら終わってしまったとおもうくらいにあっという間でそれこそ夢みたいな時間でした。10月になった瞬間来年はどうなるんだろうかともう頭の中でぐるぐるしてしまってるから、今年もこれからもやっぱりドリボは、自分にとって特別なものだと思います。そんな作品との巡り合わせに最大級の感謝を。








今年の座長もとびきりかっこよかった。眩しかった。優しかった。頼もしかった。好きになれてよかったと本当に思ったよ。そんな気持ちにさせてくれるひと、なかなかいないなぁと思う。


劇中素敵だったところを書き出したらきりがないから省略します。肉体的にも精神的にもきつい中苦しい表情を出さなかったこと、怪我をしなかったこと、ウェブでの連載を毎日続けたこと、座長としてその背中をもってしてカンパニーをまとめたこと、そのカンパニーから存分に愛されたこと。どこをとってもやっぱり玉森くんには敵わないと思いました。





君の生き方はひどく危ういと思うこともときにあります。いただいたお仕事すべてに真摯に全力で、だけど不安や弱みを悟らせないように飄々と、できないこともできないと言わずにとにかくひたむきに努力する頑張り屋さんなカッコつけマン。

対自分にかかる圧力が半端じゃないから、いつか壊れてしまうんじゃないかって思うこともある。だけど君は絶対に壊れないし、折れないし、負けないひとです。目の前のことにきちんと向き合って、戦って、越えてくれるひとです。その眩しいくらいの真っ直ぐさと芯の強さに降参なんだなぁ。素晴らしすぎて敵わない、やっぱり君は素敵なひとです。昨日より今日、今日より明日、もっと素敵になってね。

君はいまをとびきりかっこよく生きる人です









タイトルはわたしにとっての玉森くんを表してみました。いままでもいろいろと言葉を当てはめてみたことはあったけれど、やっとしっくりくるものと出会えたような気がします。1番好きとか、もうそういう次元はとっくにこえてしまってるんだなぁと挑戦者を歌い上げる君を見て、涙があふれた自分に気づいて思いました。


0番。

わたしの真ん中。

何にも代えられない人。






一ヶ月間本当におつかれさまでした。