読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

他愛ない日常を彩って。 

君には僕しかいないって形で証明してみせよう

フロント担の北山くんへのスライドが話題になっていて、あぁなるほどなぁと妙に納得しました。北山くんに降りてるひとはよく見るけど、反対に北山くんから降りるひとってあんまり見かけない。あくまで当社比です。魅力は人それぞれ違うから長い期間降りないのが第一にいいことなのかと言われたら一概にそうではないだろうけど、一度掴んだものを離さない姿勢が彼の魅力なんだろうなぁと思います。獲りに行くこと以上に、一度掴んだものを離さないほうにエネルギーが向けられている気がして。でも、そんななかでも、目の前にある獲るチャンスはきちんとものにして、また掴んでしまう、そんな魅力がある方だなぁと。ライブに行くたび この人はすごいと感心してしまう方です。心の声がもれるよね、ぽろっと。すげ〜って。




フォロワーさんのなかの北山担がすごく好きです。偏見からものを言うと、たぶんわたしは北山担に向いていると思う。何を言ってるんだろうね。自分のことが好きで好きでたまらない子がすきな北山くんは、なんだかんだ、常に表に出すわけではないけれど、ファンからの愛情をきちんと受け取ってくれているように思う。それを厭うことをしないひとだと思う。(ほかのメンバーが受け取ってくれないとかそういうことではないです。ただ北山くんのバランスが絶妙だなぁってわたしはおもっています。)


「 ほんと重いよね(笑)」と鼻のところに皺を寄せて笑いながら、それでも、「 ん、あんがとね 」って受け取ってくれるような。嬉しいじゃないですか、それって。自他共に認める重たさだから申し訳ないと思いつつ受け取ってもらえたら嬉しいだろうなぁって。


だからといって 玉森くんが受け取ってくれていないと言いたいわけではないし、何よりわたしが勝手に唱えていることだからそんなことはどうだっていいとも思う。玉森→北山の流れが多かったけど、彼はやっぱりグループの顔だと思うので、大きな役割としてあげられるもののなかにお客さんを連れてくることが挙げられると思います。(いろいろ連れてきちゃってる感は正直あるよ…!笑)


特に切り込み隊長なわけではないし、連れてきたお客さんが自分のとこに残らずちらほらと歩き出す姿を特に気に留めずにぽーっと見てるイメージ。同じくらい残ったお客さんのこともぽーっと見てるイメージ。でもその姿勢が優しいひと。目の前のひとにもものにも真摯なひと。気にしてないように見えて気にしてくれてるし、そんな温度が心地よくもある。そんな気がしています。


何か新しいことに挑戦するときにちらっと後ろを見て、大丈夫だよこんなに味方がいるよってことが伝わればいいかなって思ってる。ある種気に留めない強さを自然と身につけている人がここの役割は担ってるんだろうなぁ。意識的ではなく、天性のもの。




(ここまですべて推測で話しているよ…!ほんとはめちゃめちゃ気にする人だったらごめんね玉森くん。それを言葉に出さない強さだと置き換えていただけたらとおもいます。)



話は戻りますが、北山くんについて。2.5枚目を担おうとする姿勢は素晴らしいと思う。でも常に2.5枚目ではつまらないなぁとおもうわけです。2.5枚目って四捨五入したらぎり3枚目なんですよね。去年の北山くんはそういった2.5枚目だったとおもいます。たいへん失礼なことは重々承知だよ、!なんとなく北山くんが目指すものに疑問を感じたのが去年。驚くようなオーラでそれを払拭してくれたのが今年。2枚目と3枚目とを本当にうまく、意識的に使い分けて、その平均から2.5枚目の自分を演出しているように感じました。すごくバランスが良かったように感じる。かっこいいひとなんだからかっこつけてほしいし、そのギラギラ感がいまグループにとって絶対に必要なはずだから。かっこいいをきちんと魅せたからこそ、今年30の男性にこんなこと言っていいのかなというくらいの可愛らしさやチャーミングさがより生きてたと思う。



今回も構成などに携わったと伺いましたが、選曲がとてもよかったように感じます。もう十分背負ってるのはわかっているけど、やっぱりわたしは北山くんにキスマイを任せたい。引っ張っていってほしい。グループの温度を調整する役割を担ってほしい。隣でいる世界を守ってだなんてそんなおこがましいことは言えないけれど、今日だけはすべて忘れてただただ楽しく身体いっぱいに好きの気持ちを表現できるライブという非日常を守ってもらいたいです。




(じゃあ玉森くんは何枚目かと言われると、1枚上手な2枚目というとこでしょうか。2なんだか3なんだかわからないけど、彼はそれがいい。自然体がいい) 




忙しさにかまけて一ヶ月も遅れてしまいましたが、あらためてお誕生日おめでとうございました。レポを見るたびくすぐったい気持ちになります。いろんな葛藤とか気持ちとかあるんだろうと思います。でも、北山くんを見てるといま目の前のことに全力で取り組むから、次があるんだなって、自然に思います。熱くて子供ででもやっぱり大人な最年長さん、これからも年下6人をよろしくお願いします。6人も、ファンも、ちゃんと見てるよ。




良い1年になりますように。




タイトルは、聞くたび、すげぇなぁとしみじみしてしまうフレーズを拝借いたしました。僕には君しかいない、じゃないんだよ。君には僕しかいないんだよ。すごいよねほんと。北山さんはかっこいいね。