他愛ない日常を彩って。 

僕は君を選んだから



わたしは、ものすごく紙一重なとこでファンをやらせてもらっています。悪口やマイナスなことを言うとそれが顔に染みついてしまうらしいので、じぶんのためにも、あまりマイナスなネガティブなことは言葉や文章に残さないようにしていますが、正直に言うと、きすまいを取り囲むものに関しては不満だらけです。主に運営に対してかなぁ。ついていけないよって思うからついていこうとは思ってなくて。みんながそうではないけど、ファンのひとに対しても、なんだかなぁ合わないなぁって感じることは日に日に増えてる。

なのにどうしてファンクラブにはいって、出演しているテレビを見たり、CDや雑誌を買ったり、当落に一喜一憂して、チケット代以上の交通費をはらってまで現場に行きたいと思うのか。それくらいに会いたいと思うのか。考えてみたけど、答えはほんとうにひとつだけで、玉森くんがいるから、です。玉森くんがそこにいるから。わたしはたくさんの星の中で玉森くんをいちばん星だと感じて、無意識なのかもしれないけど、確かに選んだのだと思います。





もう、ね、

超重いなっておもってるよ。ここまで書いててほんとにおもってる。(笑)とかつける余裕がないくらいにわたしも思ってるから読んでて思った方がいても何もおかしくはないです。超重いよ。だけどほんとのことだから悲しいような愛しいような。

だからもし玉森くんに幻滅するようなことがあったら、いまのわたしはそれが何か、わかっていたりわからなかったりするけど、きっとすぐにこわれちゃうんだろうなっておもってる。だから怖いです。終わりたくないし、終わらせたくない。好きでいさせてほしいなぁ。楽しいんですすごく。だからきっと、好きを確認するために姿を追ってしまうのかなぁ。もしかしたらその行為が幻滅を招くことになるかもしれないけど、それでもやっぱりわたしは好きを確認したい。もっと好きになりたい。





そんなわたしですが近頃ちょっとぎりぎりです。玉森担でいる自信がこれっぽっちもない。もともとないけどさらにない。これもほんとうのお話。幸せにならないでとは思わないしむしろ世界一幸せになってほしいって心から思っているけど、やっぱり自分のお仕事はどんなものなのかってことを考えてもらえたら嬉しい。映像や写真や作品に、想像をかきたててしまう何かを残してはいけないと思うんです。見えない部分で何をしようと何を着けようとどんな言葉を贈ろうと、それはわたしには関係のないことだから何だっていいと思うんですけどね。



でも、うーーん、ここまで書いてて思ったけどこれもわがままなのかなぁ。わたしが勝手に見て想像して悲しくなっているだけではあるわけだけど、ツーショット写真を撮られた時より、ペアでつけるアクセサリーを着けているのを見た時の方がずっと胸が痛かった。大好きな歌をもしかして?な気持ちで見つめるのはほんとうに辛かった。勝手に。



ブログでそんなお話をしたってことは、ただ好きだから着けてるだけって思ってもいいのかな。都合がいいかな。でも、もしそうなら、勝手に想像して勝手に悲しくなって、勝手に玉森くんの好きなものを否定するようなことをして、すごく申し訳ないと思う。ごめんなさい。いつもは玉森くんが身につけるものを見るたび おお〜〜って嬉しくなるんですよ。だいすきな洋服や靴やアクセサリーに対して、それに見合うひとになりたいって気持ちがすごく素敵だと思うからどんどんいいものを吸収してほしいなぁっておもう。玉森くん、格好いいから。もっと格好よくなってほしいから。



ただ、もし、好きだから意味を持ってしてペアで着けてる、だったら、そこまでは受け止められないし受け止める必要もないよね、って、そう思ってます。そのくらいわたしの中ではアウトの行為なんです。本能はどうにもできないけど、理性をどうにかできない、そういうアイドルはいやだなぁって思います。これも勝手にではあるけれど、そうではないって、信じさせてください。



幸せにしてくださいとは言わないから、どうか少しでも長く幸せでいさせてください。想う幸せをください。





だれに誓うわけでもないけど。
わたしは玉森担でいることを、これから先もできるだけ長く選び続けたいです。