読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

他愛ない日常を彩って。 

とりあえず

 

たまもりくんが好きだ!!

 

せっかく此処で初めて発する言葉ということで、いま伝えたいことを叫んでみました。ものすごく気持ちがいいですね。いいことだね。きょううれしかったことはゆうたくんに会えることに、なれたこと、です。しあわせだなぁ。会える日や会えた日をこんなにも大切にできるのは、やっぱりわたしがゆうたくんを好きだからだと思います。ゆうたくんを特別視してるからだと思います。しあわせにおもいます。

 

ブログを、やってみたいなあと思っていて、思っていて、ついつい勢いではじめちゃったわけです。どううつってるのかなこれ!気になる気になる。日記もはやりのインスタさんも続かないわたしが、はたして、ブログを書けるのかどうなのか。とりあえず、とりあえずやってみましょう。だいたいのこと、とりあえずでいいと思いますわたし。わたしゆとり。

 

ここでもおもに玉森くんへの重たい重たい想いを綴りたいと考えています。(もしかしたらものすごくくだらないことも書いちゃいそうだな、そんな予感)じゃあツイッターでいいじゃないか、と、もうひとりのわたしは言っていますが、なんだろう、書きなぐるということをしてみたくって。ツイッターは140文字というきめられた枠の中で自分の言葉であったり感じたことを綴ります。すごく好きなんだけど、想いが溢れて、はじけて、止めどないときがあって、そこで感じたままに打つと、「あっ やばい200いきそう、」状態にわたしはよく、ほんとによく陥ります。仕方なく言葉を変えたり消したりツイートを分けてみたりするわけです。なんだか想いが落ち着いてしまう気が、たまに、ごくたまにして。もちろん有限だから楽しいんだと思う、あそこは。むずかしいこともたくさんあるけど好きな場所。

 

有限なものも無限なものもおなじくらいに、楽しくて美しくて儚いものだと思うなぁ。たとえば、プラネタリウムと星空、です。たとえがなんだかロマンチックでしょ。そんなとこもあるんです。有限と無限だけど、心ときめかせてくれるのには変わりないでしょう。そうでしょう。だからどっちもわたしは好きです。

 

話がずれたなぁ。とにかく、ここを、思ったことや感じたことをそのままにそのままの温度と熱量で言葉にしてみる場、に、します。決定。きっとあとから見てすごく照れくさいものになるんだろうな。それもまたよしですかね。

 

 

 

さっそく壁と出会ってしまいました。

終わり際が見つからないなぁ。笑